部屋の間仕切り カーテン

MENU

部屋の間仕切りにカーテンやマガジンラックを利用するとオシャレ!

(画像:カーテン21)

 

部屋の間仕切りを考えている方にカーテンなどでの間仕切りの方法をご紹介しています。女の子同士とかで部屋を一つにしていて、いずれ部屋に仕切りの壁を入れて仕切りたい!と思っていても、いざその時になると高額で・・・やっぱり簡単にカーテンなどで仕切れたらいいなと思うんですよね。

 

部屋を間仕切りで仕切ったりする場合、ご自分でDIYをするのもよいですし、リフォーム会社さん、工務店さんに依頼してしっかりとプライベートを確保するための間仕切りをしてもらうのもよいですが、やはり予算だったり、インテリア的なことを考えて選びのがいいですね。個人的にはカーテンや棚やマガジンラックなどで仕切るのがオシャレで安く済む方法だと思います!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

間仕切りラダーラック90 ホワイト nsnj-0149
価格:17712円(税込、送料無料) (2017/11/3時点)


 

↑こんなのものアリですね♪

 

自分でやろう!DIYで間仕切りをする場合

カーテン
パーテーション・マガジンラック
収納・棚タイプ

DIYの場合、自分たちで作業する必要がありますが、気に入った家具やカーテンを選んでDIYすることで柔軟に対応できますし、将来少しインテリアなどを変えたいときにも変更しやすいです。できるだけ安く済ますにはコチラがおすすめ!子供部屋などの間仕切りも自分たちでできますしね!

 

工務店、リフォーム会社に依頼するなら

引き戸を設置する
壁を取り付ける

リフォーム会社などに依頼する場合、材料費や壁紙費用、作業工賃を入れて10万円〜30万円の予算で間仕切りをきちんとしてもらえます。(状況によっては変動がある)実際はもっと高くなるかもしれません。

 

カーテンで間仕切りをしてみよう!!

実際にカーテンで間仕切りをする場合の参考例をご紹介します(・∀・)
DIYでやったら結構楽しいでしょうね♪

 

シェアルームカーテン&カーテンレールを活用する


2人、3人で仕切る子ども部屋などの場合でカーテンを利用するなら、こういうルームシェア的なイメージもあり(・∀・)。カーテンに飽きたら既製品のカーテンを使えます。
プライベート空間もしっかりと確保されるので、オススメですね。カーテンレールの取り付けだけをDIYできれば、あとはカーテンも選ぶ楽しみが増えます♪
カーブのついたカーテンレールを使えば部屋が狭くても有効に活用できます。もちろんまっすぐなカーテンレールで部屋の真ん中を仕切るのもアリです。

 

 

ロールスクリーンを活用する

 

工夫しだいでいかにように間仕切りに応用できるのがロールスクリーンですね。天井に取り付けるタイプのロールスクリーンを選べば、DIYも簡単です。

 

横幅と縦の長さを測っておくことで、完全に部屋を間仕切りする場合と、部屋を一部だけ仕切る場合など様々な高さ、幅の仕切りに対応できるのがロールスクリーンのよいところですね!少し落ち着いた感じで選ぶなら、ブライドタイプやプリーツスクリーンを選ぶとよいです。

 

 

ロールスクリーンよりナチュラル感のあるシェードカーテンもオススメですよ♪

 

 

パーテーションで間仕切りをする【DIYで対応可能!】

床に置くタイプのパーテーションも様々なパターンが多いですね。子供さんの年齢にもよりますが、オシャレなタイプ、ナチュラル、カントリータイプなどお部屋のインテリアに合わせて選びましょう。

 


楽天市場に出店している「パレットライフ」さんのパーテーションはオシャレなスタイルのパーテーションが多いです!

 

マガジンラックで間仕切りをする【DIYで対応可能!】

DIYで取り付けられるマガジンラックをパーテーションにするのもオシャレですね!
お気に入りの雑誌や小説、CDケースなどをインテリアとして収納することもできて一石二鳥の間仕切りとしても使えます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

間仕切りラダーラック90 ホワイト nsnj-0149
価格:17712円(税込、送料無料) (2017/11/3時点)


マガジンラックにもエアコンの空調が間仕切り前の状態で循環するのでDIYで間仕切りをしたい方にもオススメです。
パーテーションよりもプライベート空間を確保しやすいのもよいですし、収納空間も確保できるのが有り難いですよ!

 

【リフォーム】壁や引き戸で間仕切りをする

それぞれのプライベート空間を確保したいという場合にも壁や引き戸がオススメです。

 

 

壁や引き戸で間仕切りする場合、DIYするのはかなり難しいですね。壁や引き戸で間仕切りをする場合は、ご自宅を建てた建築会社や工務店に相談するか、リフォーム会社に相談して見積もりを請求してみるのが一番です。簡単な壁の導入なら数万円程度かもしれませんが、壁紙の種類、土壁等なら作業工賃や材料費用がかかります。また、引き戸の場合も、メーカーのタイプによって結構高額になりますので、10万円〜くらいは想定しておくとよいです。

 

家を建てた建築会社に依頼する

図面管理等もしている場合は家を立てた建築会社・工務店に相談してみてください。
リフォームの相談にも乗ってくれると思います。ただ、リフォームの会社ではないので、大手の建築会社、工務店でリフォーム対応の窓口がないと相談にも時間がかかる場合があります。以前、たらい回しにされたこともありますので・・・。

 

おすすめのリフォーム会社を紹介してもらう

各都道府県やお住い地域の近くでおすすめのリフォーム会社、工務店を紹介してもらえます。日経新聞等でも広告を掲載しています。まず見積もりや依頼をする前に、リフォームだったり、工務店との付き合い方、相談の仕方がわかるマニュアル本をもらえます。
このマニュアル本は必読の価値がありますので、是非無料でもらってください。リフォームついては、相談して納得した場合に、おすすめの工務店やリフォーム会社を紹介してもらえます。もちろん、紹介後に断っても問題ありません。

 

 

 

複数のリフォーム会社に見積もりをネットから請求する

お住い近くのリフォーム会社数社に見積もり依頼ができます。
子ども部屋の間仕切りを考えていることを伝え、一括の見積もり請求を依頼できます。もちろん利用は完全無料です。

 

 

エアコンの空調のことも考えておきましょう。

完全に間仕切りをしてしまうと、真夏や真冬のエアコンの空調のことも考えないといけませんね。ですので、もし壁やパーテション、収納タイプの棚などで完全に間仕切りをしてしまう場合は部屋の温度、空調のことも考えておきましょう。

 

エアコンをもう一台購入して置く必要があるかもしれません。
エアコンまで追加購入したくないという場合は、上部に空間を開けておける壁、間仕切り、パーテーション、マガジンラックなどがオススメかもしれません。